パティオを纏う -内向性が織りなす優しい空間-

清水海玖
2020 卒業制作

疲れてしまったとき、思い悩んだとき…建築は喋ることはできないけれど、何も言わずそばに居続けることはできる。人々にそっと寄り添い、励ますような優しい建築の提案。

Back to All